フードバンク事業

令和二年、次回フードドライブ(フード回収)は

3月18日水曜日アミューあつぎ7階で

午前10時~午後3時まで行われます!!


食品の他、日用品・衣類・未使用切手・現金での

ご支援もお願いしております!!

・2019年4月から12月まで9回の「アミューあつぎ」でのフード回収は、重量745kgに達し、本部での回収を合わせると合計1,837.8kgとなりました。
ご協力戴きました皆さまに心から感謝申し上げます。

201909_看板_NPO法人Heart34_1200x910_最終案0922.

フードバンク事業とは?

 1967年アメリカで、ジョン・ヴァンヘンゲル氏が、

「セント・メアリーズ・フードバンク」と名付けた団体の運動が

 始まりと言われています。

 フードバンク、直訳すれば「食料銀行」

 まだ、十分食べられるのに「売り物にならないから」と捨て

られていた食品。

 大量消費時代の日本ではこれが日々、膨大な量に上る。

 それを、食品会社、スーパー、農協、個人他から、寄付して

もらい、食べ物に困っている人たちに無料で届ける

   『受け取る側には食費の節約。

      提供する側には廃棄コストの削減になる。』

 本来であれば、行政サービスの一環として実施されるべき、

生活困窮者支援事業を市民協働事業として、行政とNPO法人が

協働実施することで、市民参加型の運動に発展させることができる。

厚木市は・・・?

 厚木市の食品ロスの現状は、年間6,000トン。市民一人当たり1日70gで、食パン1枚分に相当し、1日で22万枚のパンのロスが発生している。

 厚木市内の食品会社、スーパー、農協、個人他から、寄付してもらい、食べ物に困っている人たちに無料で提供する「もったいない」を「ありがとう」に変えるアクション!

ロゴ《ポスターからトリミング》.png

住所:〒243-0014

    神奈川県厚木市旭町1丁目31番9号

Tel&Fax:046-220-5077

理事長  立石太郎

Copyright © Heart34. All rights reserved.